しえすたブログ

無職のシングルファザーが離婚や親権について語る

ブログ200記事書いたらどうなる?PVと収益は?11ヶ月の結果

200記事書き上げました!

200記事到達です!

200記事ですよ?!

だからなんだってんでしょ。

そうです、無駄です!自己満足です!

でも全然満足してないから大問題なんです!

そうです、結果です!結果が全てです!

想像と現実の差に泣けてくるのです!

f:id:siesta-nightmare:20200516140640j:plain

ブログ200記事書いたらどうなる?PVと収益は?

11ヶ月かけて200記事書いてもたいして伸びませんでした

ブログ界隈では100記事書いたらスタート地点、3ヶ月~半年までは結果を求めるなと言われておりますが、そのどちらもクリアしながらも思うような結果が出ない方が圧倒的多数であるという真実のメッセージは、検索結果の奥深くに埋もれてる為探し出す事は困難なので、検索上位に位置するポジティブな成功者の論を鵜呑みにしてはいけないという事だけをまずはひっそりと負け組ブロガーの体験談として忠告させていただきます。

 

半年100記事以上書いて伸びしろを感じられる人というのはその先に収益の見込みのある少数派の勝ち組であり、基本的なgoogleの理念とマッチした記事を書き続けられる人やセールスセンスのある人であり、闇雲に持論を展開するだけのオピニオンブロガーはSNSでの集客に力を入れるなどやり方を工夫しない限りは思うような結果を出すのは難しいです。

www.siesta-nightmare.com

成功者を見たら詐欺師と思え!

何故ネガティブな報告はすぐにみつけられないか。

それは負け組のブログが検索上位に表示されないからというシンプルな理由です。

そして収益化を目論んで始めたにも関わらず100記事半年以上書いて結果が出ない人はひっそりと恨み節も漏らさずに跡を濁さずにブログを辞めていくからでしょう。

 

結果を出したベテラン成功者が辛辣な事実を記述してる場合も中にはありますが、それは「やり方を間違えるな」という警告であり、ストレートにわかりやすくハッキリと「ブログであぶく銭を得ようなんて夢は見るな!」とは言いません。

 

何故言わないかというと、初心者にはブログに夢を抱きつつ関連する商材を買ってほしいからであり、ブログマネタイズブロガーにとって読者は絶好のカモだからです。

「厳しいこと言うけど僕のいうとおりにすればそのうち芽は出るよ」と優しい指導者気取りでモノを売りつけてくるので気をつけましょう。

 

彼等は言います。「商材に投資できない者は成功は掴めない」と。

最もな格言にも思えますが、踏みとどまって冷静に思考すれば詐欺師のキラーフレーズであることに気付けるはずです。

この世はどこもかしこも弱肉給食なのか。

真面目な者はメンタルを病み、ただひたすらと絶望するのです。

PVと収益は?

戯言はいいからさっさとリアルな数字だけを報告しろよクソ野郎!と思われていることでしょう。

ブログは先に答えを明記してあげるのが正しいと言われてますしね。

私はそのセオリーをあえて無視するのです。

 

さて200記事現在の結果報告です。

PVは今月こそ10000の大台に乗れるという手応えがGW中はあったのですが、連休明けたらみるみる落ち込みまして、今月は今丁度半ばですが、おそらく10000には届きそうもありません。
8000前後におちつきそうですが、先月7000だったのでこれでも過去最高を更新ではあります。

googleコアアルゴリズムアップデートによる被害

連休明け(正確には子供の日)以降にアクセスが落ち込んだ理由はどうやらグーグル神によるコアアルゴリズムアップデートによる仕業である事が判明しました!

うちのような弱小ブログではこのような被害は関係ないものと思っていましたが、そんなことはなく、丁度昇り調子であったタイミングだっただけに、嫌がらせにしか思えない程に冷や水をぶっかけられた感じです。

一日の表示回数(検索時に並ぶタイトル)が1200以上あったものが子供の日を境に400以下に激減しました。(クリックされるのは表示数の半分以下)

これは明らかに全体の記事が総じてページを落とされたということでしょう。

googleは昨今企業優先にシフトしているので個人ブログはオワコンのようです。

ご愁傷様。いい夢見る寸前で目を覚まされてしまいました。

 

⇩三ヶ月前のこの時は今の半分のPVで嘆いてましたので、少しだけ成長を感じられたのも事実でして、10ヶ月の期間と200近くの記事数、どちらかが底上げの目安と言えるかもしれません。

www.siesta-nightmare.com

グーグルアドセンスとブログ運営費の収支

収益も月間1500円弱におちつきそうで、これも過去最高額なので、なんだかんだいって最近ようやく少しだけ「伸び」を実感できてはいるのですが、想定してたよりもかなり遅いペースのためちっとも喜べないのです。

アドセンスは合計8000円に達すると振り込まれるのですが、ようやくその振込額に今月をもって達しそうです。

実に11ヶ月かかりました。

 

一応はてなブログproの年額使用料が8434円なので、ギリギリペイできたことになりますが、ドメイン料金と転送サービス料金合わせて年2500円くらいをお名前ドットコムに支払っているので、合わせると約11000円の経費となるので、来月分を合算しても少し赤字といったところですか。

ブログ一年目は土台作りなので収益は考えるなとは言いますが、それでも改めて現実は厳しかったという感想ですね。

来月一周年なのでまたその時に改めて愚痴らせていただきます。

関連コンテンツの解放条件

先月半ばにgoogle広告による関連コンテンツがようやく解放されましたが、この解放条件というのが明確ではないためブロガー界隈で憶測が飛び交っておりますが、私は月間10000PVが条件だと勝手に思っていたのですが、未満の数で解放されたのでそうではないということが発見できました。

 

おそらくアドセンスを貼ってからの記事数かと思われます。

月に10000PVあれば記事数は100くらいでも解放され、月に10000PVなければ180記事くらいあって平均滞在時間などの細かな条件をクリアしてれば解放されるのでしょう。

これもあくまで個人的な憶測にすぎないので参考程度に聞き流していただければと思いますが。

www.siesta-nightmare.com

ブログ200記事書いても成果は上げられない

あたりまえですが数をこなせば相応の対価が得られるわけではないのです。

300書こうが400書こうが意識を改善していかない限り同じやり方では一向に成果は出せないでしょう。

それでもコンテンツを積み上げるという事も大事な要素ではあります。

しかし誰の役にも立たないひとりよがりな作文では評価はされませんし、対価も支払われません。

書きながら模索して記事の質を高めていくしかないのでしょう。

ブログを書くのは時間の無駄?

苦痛と感じるのであれば無駄でしょうね。

収益を考えずに気の向くままに忘備録としてブログを綴るのが本来あるべき使い方なのかもしれません。

それでもブログで月数万円の収益をあげたいと思うなら、時間をドブに捨てる覚悟を持って脳みそと指先を働かせて、数字を睨みながら赤い海を泳ぎ続けるほかありません。

副業ではおすすめできませんが、無趣味な人であればよいかもしれませんし、無職ニート引きこもりであれば絶対挑戦してみるべきとまで言えます。

youtubeよりは手軽ですし、失うのは時間だけだし、敷居は低いですからね。

みなさん、くれぐれも頑張らないように。

www.siesta-nightmare.com