親権に離婚したい父親たちに告ぐ

正しい離婚の仕方を教えます

でっちあげDVシェルターは冤罪の温床だ!

母子保護施設

俗にいうDVシェルターをご存知だろうか?
ここ数年の間で着実にその怪しい物の存在は知れ渡ってきてるとはいえ、実際にそれを利用した人が身近にいる人はまだまだ少ないだろうし、秘匿の決まりがある為に利用した事がある人でも滅多に他者に喋れるものでもない為、リアル生活においてその話題が出る事は極めてないように思う。

家を出たいと思ってる女性と実際に出て行かれた男性だけがその存在について調べたり知ったりするわけで、普通に生活しながらなんとなく離婚したいと思ってるくらいのレベルの人にはまだまだ程遠い最後の砦のような未知なる存在であり、そこに気軽に関わってはならないという危うい匂いだけは誰もが少なからず感じ取ってることであろう。

DVシェルター

その名の通り配偶者にDVを受けた者が着の身着のまま幼子を抱えて逃げ込むような場所である。

Shelter

一般的なイメージとしては、凶暴な夫に殴られ続け、目に見える痣や傷を負って衰弱した妻が、このままでは殺されてしまうと生命の危機を感じて命からがら救いを求めて駆け込む場として、社会的にもなくてはならない非常に意義のあるセーフティスペースとして認知されている存在に思う。

それでもそんなに簡単に入れる場所じゃないんでしょ?と敷居の高さを感じるのがマジョリティの共通認識だとも思いますが、実際には女性なら誰でも超簡単に入れてしまうものなのです!!

でっちあげの構造

警察署に行って実際にはDVを受けていなくてもDVを受けていると言えばいいだけです。
それ以前に役所の相談機関などに行ったり電話して相談してる経緯があれば尚ベター。

殴られたとされる痣や傷がなくてもいいのです
家を出たい一心で、あることないこと適当に嘘も交えて夫の不満を警察に喋るだけであっさり保護されます。

保護の先は最寄りの地域の緊急保護施設で、そこで二週間程滞在したのち、その間に生活保護の手続きなどが完了次第、他県の母子施設に移動するといった具合で、手際よく全部職員が手配してくれるらしいです。

ただその最初の緊急保護施設というのが非常に居心地の悪いものらしく、元妻は最初の家出の時はそこを二日か三日目で逃げ出し、追いかけてくる職員を振り切って迎えに来てもらった実父の車に乗って実家へ帰るものの、そこでも居心地が悪くて五日目に帰宅してきたという経緯がある。

規則とカラクリ

まず携帯電話を没収されて、外出もかなり制限されて、両親への連絡さえも禁じられるそうだ。
職員は女性ばかりでゾンビがゾンビ取りになったと言えば分かりやすいか、男はクソだというような洗脳作業がその2週間の間に行われるようだ。
決して第三者的な視点で冷静に話を聞いてアドバイスをくれるような所ではなく、「ようこそ、こちら側へ!」というような異様で気持ち悪い印象だったと後に元妻は語っていた。

警察もそうだが「あなたにも悪い所があるんじゃないの?」とは決して言わない。
全面的に女性擁護なので共鳴して味方になってくれるのが心地良くて、女性がそのまま滞在してしまうのも不思議ではないが、やはりどこかカラクリが怪しいと常識的に考えれば腑に落ちない事だらけで不安に陥るのが正常な思考であるとも思うのだが、それでもカネも居場所もない女性にとっては保護してもらえる場所であることには変わりはないから、ずるずると見知らぬ沼へと引き込まれていくのだろう。

地獄への入り口

二度目の家出の時は精神病院に搬送されて四泊五日入院した後、たくさんの薬を抱えてケロッと帰宅してきた元妻だったが、もうないと思っていた三度目の家出ではこの二週間の洗脳保護生活を乗り越えて、どこぞにある母子施設へと嫌がる息子を引き連れて旅立って行ってしまった。

私はその間、それまでの経緯もあった為に長くても二週間程したら帰ってくるだろうと呑気に構えていたのだが、失踪から二週間後に私が契約した元妻の携帯電話が郵送されてきた事で、いよいよ事の重大さに気付き、今回は帰ってこないのかもしれないと慌てふためき混乱し、息子の名を叫んで号泣した。

www.siesta-nightmare.com