しえすたブログ

無職のシングルファザーが離婚や親権について語る

無職ニートに働け怠け者と腐す単純バカは考えて物を言え

働いていない人に対して「働け!」と上から物を言う権利があるのは直接雇用する意思がある社長(経営者)だけだ。

それ以外の他人にその言葉を投げつける資格は全くないのです。

慎むように。

無職ニート

無職ニートに働け怠け者と腐す単純バカは考えて物を言え

基本深く物事を考えずに安易に言葉を発するからいけないんですよ。

一見ただの怠け者に見えたとしても、働けない事情やらが何かしらあると想定するのが普通ですし、その事情を踏み込んで訊くのも失礼というものです。

だったら余計なことを言うもんじゃないのです。

その人が逆上したらどうするんですか?

泣き喚いて荒ぶれたらどうするのですか?

腫物には触れない方がいいに決まってます。

自分以外の人間が何してたってしてなくたってどうでもいいじゃないですか。

ごちゃごちゃ言う方が人としておかしいのです。

 

家族(親&配偶者)なら言う権利あると思いがちですが、「働かないの?」「いつ働くの?」までならセーフですが、「働け!」という命令形はアウトです。

何故ならそれは憲法違反の人権侵害に当たるからです。

基本的人権が人殺しの犯罪者にすらある以上、ニートにも当然あるのです。

働いてる人間に「辞めちまえ」と言っても決めるのは当人であるように、働いていない人間に「働け!」と言うのは、なんの効力も発揮しないザレゴトなのです。

大事なのは他人に対してスルースキルを持つ事です。

障害者に対しては言わないよね?

そもそも障碍者の人に対して「歩き方変だね」とか「顔曲がってるよ?」とか言わないよね?

それなのにギリギリ健常者に対しては何言ってもいいというのはおかしいのです。

健康で障害もないのに何をやってもダメなお前はおかしいと言って腐すのは普通に侮辱罪なわけです。

健康で障害もないのにダメな人間もいて当たり前であるし、もっと言えば目に見えない発達系の障害を抱えてるのかもしれないわけで、出来ない人には元来優しくすべきであるのに、社会は全然優しくないのです。

これは単純に民度が向上してないという事でありまして、平均以上の事がデキル人が出来ない人をカバーやフォローする精神が足りなすぎる事がむしろ問題なんです。

他人を助ける気がないのなら、せめて悪態をつくべきではないのです。

「お前はダメだな~」と言う資格があるのは直接手助けする人だけです。

それでも助けられてるのに「ダメとはなんだ!見下すな!」と、ダメな奴が逆ギレする権利だってあります。

なので基本的には人を馬鹿にしてはいけないのです。(心の中で思うだけなら可)

社会的弱者と強者の分かれ道

能力がなくて金を稼げなかったり、マイナスオーラに包まれた残念な人というのは、どうしても集団の中でいじめられたり排除されてしまいがちです。

決して悪い人ではないのに。

逆に性格の悪い嘘つきサイコパスでも、陽キャで立ち廻りが器用であれば、全体の評価は高く、面白おかしく毎日を謳歌します。

つまり生きる上で正義とか意識しても無駄であり、いかにして周囲を摂りこんで自分の価値を高く見せられるかに神経を注げるようなゲスい人間こそが幸福を得られる仕組みなのです。

こんな世界ではクソ真面目な人間ほど絶望して鬱になって自殺してしまうというものです。

競争社会で生き抜く気概がない人もいます

組織に入ればまずは最初の最下級兵士の位置から成りあがる気概がなければず~っと最底辺のままです。

競争に勝ち抜いて人を出し抜くくらいの気概がなければサラリーマン社会で生きていくことはできません。

なのでそうゆう気質がないのんびり屋さん等は、最初からそんな戦場に志願して身を投じるべきではないのです。

競争が好きな奴等だけで組織を運営していれば良いのです。

競争に向かない人は、競争のない仕事を選別する必要があります。

でも資本主義社会なので基本的には競争が付いて回る為、どうしても闘争心のない優しい人間は落ちこぼれてしまい、生きづらさを感じてしまうものでしょう。

優しさを捨てて競争に飛び込むのが正しいのか、優しさを捨てず結果自分が損をするのを受け入れるべきか、葛藤し続ける時間はそんなにありません。

働いてほしかったらもっと底辺に気を遣え

そんなわけで競争社会から脱落してしまったのが、現代の無職ニートの大半なのでありますが、結局一番の理由は気持ちよく働けないからなんですよ。

無職ニートに働けと提言するならば、気持ちの良い職場を提供するべきなんです。

過酷で厳しい職場で歯を食いしばって働けと言ったところで、寝てた方がマシに決まってるじゃないですか。

基本見下されてる事を敏感に察するんですよ、社会から隔離されてて復帰した直後のニートほど。

だから社会はもっと彼等を低賃金で働かせたかったら、せめて接し方に気を遣うべきなんですよ。

下層扱いするんじゃなく、外部から来られる助っ人ヘルパーだと思って丁重に扱うべきなんです。

居心地の良い環境さえ提供できれば、そんな奴等でもすぐに辞めたりしませんよ。

上司に敬語で「すみませんがこれやってもらえますか?お願いします」と低姿勢で頼まれたら低賃金でも頑張ってやろうかなと思うものでしょう。

それが「全然ダメ、やり直し!」とか言われたら、そりゃ耐性のない社会不適合者はすぐに辞めちゃいますよ。

そんなプライドだけは高い社会不適合者なんて職場に不要だって思うでしょ?

だったらそんな彼等に対して「働けよ」と安易に言ってはならないのです。

わかりましたね?

 

www.siesta-nightmare.com

 

www.siesta-nightmare.com

 

www.siesta-nightmare.com