しえすたブログ

無職のシングルファザーが離婚や親権について語る

やっぱりさんま大先生卒の人気声優花澤香菜と悠木碧の共演は?

88年から十年以上放送されたバラエティ番組「あっぱれさんま大先生」は明石家さんまと子供たちによるアドリブの掛け合いが面白く、個人的に大好きな番組であった。

番組出身の子役も数名現役で活躍しているので、子供時代と現在を比較して個人的な印象を語ってみたい。

あっぱれさんま大先生=内山君のひとり勝ち

タレント・内山信二

番組出身の子役で最も一般的な知名度を獲得したのはデブタレの内山君だろう。

彼は当初からさんまのお気に入りでオチ担当として申し分なく期待に応えていたので、予想通りの大本命ではあったが、ある意味つまらない出来レースというか、結局やっぱり最終的には解り易いキャラの内山君が残るのかぁ‥と妙な納得を覚えた。

舞台俳優・山崎裕太

あとは俳優の山崎裕太だが、彼も長期に渡り内山君と共に番組当初からのメインの一人であり、彼もまた解り易いリーダーシップを兼ねたやんちゃキャラで、年齢的にも一番上であった事もあり、子供たちの中では完全に誰も逆らえない大将といった感じで仕切っていたが、ワルの片鱗があったので地道に俳優業を長年継続できるタイプには思えなかったので、現役で舞台役者を十年以上も継続していることは少々意外だ。

梨園の妻・前田愛

すでにチャイドルとしての人気を獲得していた前田愛は事務所のゴリ押しで編入してくる形となり、さんま直々の選考によるオーディションで選ばれた素人の子供たちの中で彼女は最初から完全に浮いており、特に面白い事を言うわけでもない彼女にはさんまもいじらないので番組で存在感は示せず、前田愛は番組において完全に場違いでミスキャストであった。

おそらく彼女にとってこの番組は黒歴史にもならないどうでもいいキャリアとなったが、さんまとの接点を構築しておいたという意味では役割を果たしたと言える。

その他のあっぱれ生徒達

きぃちゃん、かなちゃん、ちほちゃん、あきひさ他個性的で笑える子供たちが多数いたが、やはり芸能界は厳しいのか、ほとんどの子供たちは番組卒業と共に姿を消した。

小学生だった子達が中学生になるまで出演し続けていたので、子供の成長による変化が瑞々しく感じ取れたし、最終回にさんまが涙を流したのはガチだった

ずっとあっぱれ初期の卒業生はさんまを交えて年一で同窓会をしてきたらしく、元子供たちとの関りを番組が終わっても持ち続けたさんまは、文字通り大先生であったといえよう。

やっぱりさんま大先生からスター輩出

子供が大きくなってしまったことで涙の最終回を迎えた「あっぱれ」の後番組として子供を総入れ替えでリニュアルして始まった「やっぱりさんま大先生」。

小さい子供とさんまの相性は”やっぱり”抜群だった。

売れっ子人気声優・花澤香菜

もうこの10年間、2010年代を代表する人気実力派女性声優である花澤香菜であるが、やっぱりさんま大先生出演当時のカナちゃんは赤面症で控え目で全然アドリブも利かない恥ずかしがり屋さんだったので、声優として天下をとるほどに成長するなんて当時からすると考えられない事で、おそらく一番化けた子といえる

皆大人になっても造形や内面に面影を残すが、カナちゃんはほとんど別人というか、声優花澤香菜があの「やっぱり」に出てたカナちゃんと解った時は驚きの感動だった。

ココベース(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

ココベース(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

  • アーティスト:花澤 香菜
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD
 

プチミレディの声優・悠木碧

こちらもアイドル声優として大躍進を遂げたあおいちゃんこと「まど☆マギ」主演の悠木碧だが、あおいちゃんは小さい時から小さくて、おしゃまで口達者で物怖じしない性格で、子役として早々大成しそうな雰囲気はあったのだが、まさかこちらも声優になってるとは思わなかった。

竹達彩奈とのユニット「PETIT MILADY」が個人的に大好きで愛聴してきた私としては、子供時代の彼女を鮮明に覚えてる事がなんか変な気持ちである。

個性派俳優・加藤諒

近年突如俳優として大ブレイクを果たしたりょう君こと加藤諒だが、子供時代の面影そのままに、カマキャラもブレずに健在で、あまりの変わらなさに久しぶりに見て噴き出してしまった。

「やっぱり」時代のりょう君は今と同じく個性が強かったものの、前に出るタイプではなかったので、さんまも表面的な部分をいじるだけで、どちらかというと冷遇されていた。

故に今の遅咲きの成功は感慨深いし、顔を見る度飽きずに笑えるからすごい。

OKAMOTO'Sドラム・レイジ

浜ちゃんの息子ハマ・オカモトが率いるバンドのドラムがあのレイジだったとは‥!

「やっぱり」時代のレイジは顔も可愛く生意気でよく目立っていて、離婚した父親がバンドマン(THE PRIVATSのボーカル)だったことで当時から将来ミュージシャンになるような事も言っていたので、本当にミュージシャンになっていた事がちょっと嬉しい。

10'S BEST (初回生産限定盤) (2CD+Blu-ray) (特典なし)

10'S BEST (初回生産限定盤) (2CD+Blu-ray) (特典なし)

  • アーティスト:OKAMOTO'S
  • 発売日: 2020/04/15
  • メディア: CD
 

田中沙織はどこへ?

「やっぱり」時代の小悪魔ヒロインさおりちゃんは、オマセな美少女だったので絶対に売れると思ったが、可愛すぎたことで道を踏み外してしまったのか、消息不明なのが謎すぎる。

同時期に共演していた花澤香菜には圧倒的な華の違いをみせつけ、男子生徒を手玉にとり、さんまへのリップサービスや拗ねてみせる魔性のリアクションなど、あの完璧な女子力で軽々しく世渡りしてるものと想像したが、人生は甘くなかったようでわからないものである。

さんまと声優二人の共演はNGなのか?

「あっぱれ」と違い「やっぱり」は同窓会を開いてはいないっぽいので、大人になった彼等とさんまは対面したのか不明だが、おそらく何かの機会に挨拶くらいはしているであろうが、番組での共演は全く見ないので、卒業生はNGなのかと勘繰ってしまう程だ。

花澤香菜と悠木碧が「さんまのまんま」に出演して過去映像をさんまと一緒に見るなんて構成は容易に実現できるものと思っていたが、結局叶わなかった。

 

局が違うので「さんま御殿」は期待できないが、さんまは大人になった生徒達をどのように感じてるのか、特にアイドル声優となって実績を積んだ二人に対してのコメントは是非聞きたいところだが、どうしてこの企画が実現しないのか不思議すぎるのだ。

「やっぱり同窓会」テレビでやってくれないですか?レイジの義父の三宅さーん!w

 

追記:先日ラジオで諒くんと香菜ちゃんが共演トークしました!

www.agara.co.jp