しえすたブログ

無職のシングルファザーが離婚や親権について語る

不倫する理由と浮気の違い~東出昌大とアンジャッシュ渡部の罪

俳優の東出昌大(以下:棒)が若い女優(体えりか)と不倫して、妻である女優の杏(父親が渡辺謙)とすでに別居してると文春砲で報じられた。

イメージ商売である東出にとっては自業自得とはいえ代償は高くつきそうで、演技派であれば仕事はこの先も入るだろうが、なにせ「棒」だから今後はイバラの道となるだろう。ザマァである。

 

⇩東出と唐田えりかによるラブストーリー

寝ても覚めても

寝ても覚めても

  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: Prime Video
 

東出昌大の場合

モテるんだからしょーがない

東出といえば広島カープのセカンドを思い浮かべる私にとって、この俳優の出演作品など見た事もないわけだが、近年の代表的な長身イケメンらしい。

なんと身長189cmもあるそうだ(wiki調べ)。
アノ布袋さんより大きいとは恐れ入る。

しかも実に優しそうな面構えである。
こんなんモテるに決まってる。全女類が放っとかない。

きっとこいつの人生これまで超イージーモードだったに違いない。

おそらく今回の不倫騒動バッシングがこれまでの人生で一番の辛酸であるに違いない。

同じ男としてはザマァと思うところだが、だからといって私はこの男を責める気にはならない。

モテる人と結婚したら浮気されて当然

だってモテるんだろうから、女の方が勝手に寄ってくるんだろうから、しょうがないと思うのだ。

モテる男(女)が浮気や不倫をしてしまうのは想定内の事象であると我々は受け止めるべきだ。

自分から積極的にアプローチするのと、言い寄られ誘われてのっかってしまうのとでは、結果は同じでも罪の重さには差をつけるべきである。

杏が妊娠中から3年交際してたという裏切り

しかし彼の場合は意外にも肉食系で自分に自信があるからか、積極的に女性を口説くタイプだったらしいので擁護のしようもない。

しかもワンナイトラブ的な事ではなくて、妻が第三子を妊娠中の時点から三年も交際していたというから極めて悪質だ。

刹那的な性欲などではなくて、家庭を持ちながら外で濃密な恋愛を育んでいたというのだから、妻子をバカにしすぎというものだ。

アンジャッシュ渡部の場合

妻が美人でも性欲は別腹

一方渡部の場合は同じ不倫浮気でも東出とは似て非なるパターンで、こちらは複数の一般人女性を性の捌け口として雑に扱って性欲を解消していた。

妻が美人モデルの佐々木希なのに一体なんで??と誰もが首を傾げる渡部の愚行であるが、そもそも男の性欲は別腹なのでヤリたい時に手軽にデキる女がいれば発散するだけという極めてシンプルな生理現象の一環なのである。

渡部にとって愛してるのは妻である事に嘘はなく、愛してるからこそ自分の汚い欲望を押し付けたくなかったとも言えるが、まぁこれは女性には到底理解されませんね。

だったらそれは一番愛妻を傷付ける行為ではないか!と言われればもう何も反論できませんしね。

背徳な欲望と犯罪者の心理

バレたら終わりだからこそ、バレたら詰むような悪事はしないように理性で抑制できるのが普通の人達ですが、そのへん調子に乗っていてタガが外れてしまっていたんでしょう。

犯罪者と同じで一度タブーの敷居を越えてしまうと、発覚した時のリスクよりも現時点での欲望を最優先してしまう思考になってしまうため、発覚するまで暴走はエスカレートしてしまう。

www.siesta-nightmare.com

渡部の場合もクスリで捕まる芸能人と同じで、ストレスの捌け口を禁断の不貞行為によって満たしていたにすぎない。

しかしなんでこんな事ができるかといえば、渡部がモテるからに他ならない。

ナイナイ岡村が哀れすぎる件

これに比べればナイナイの岡村の失言なんて実に可愛いものである。

未婚でタレントパワーも上である岡村があまりに不憫で可哀想でもある。

佐々木希を妻に持ちながら欲望の赴くままに変態行為を繰り返す渡部建(47)と、女性不信で恋愛からも遠のき自粛明けの風俗嬢の豊作を密かに期待する岡村隆史(49)。

罪深いのは前者であるが、クソダサいのは後者である。

杏と佐々木希、どちらの傷がより深いか

東出と渡部の不倫不貞行為、どちらが妻にとってダメージが大きいかとなると、どちらも嫌なのは大前提として、おそらくは東出パターンの方が心までもってかれてるようでキツイのではないか。

事実佐々木は週刊誌にネタを売った女に電話で怒りを表明していることから、意外にも夫婦としては一蓮托生の覚悟がありそうだ。

共通しているのはどちらも即離婚には至っていないということで、おそらくどちらも女性側が浮気男に惚れてるからだろう。

謝罪会見で失敗した東出、逃亡した渡部

東出の謝罪会見では記者のゲスな質問「どちらを愛してますか?」に対して解答を避けた東出であるが、これは愛人側には最良、正妻側には最悪のリアクションとなった。

一方会見をせず出演予定番組も自ら早々自粛してとんずらした渡部の代わりに相方の児玉が涙の謝罪&妻の佐々木が騒動に対して謝罪コメントを寄せたが、両人とも渡部による最大の被害者でありながら謝罪側にまわるというなんとも不可思議な現象に外野は本質を見失いそうになるほど馬鹿じゃないだろうから世間は欺けないという点でこちらも失策ではあるが、東出よりもある意味恥ずかしくて表に出てこれないという面が渡部にはあるでしょうから、致し方ないのかもしれません。

浮気・不倫をされたくなければ美男美女とつきあうな

モテる相手とつきあっておきながら浮気されたーとか被害者ぶる奴等は根本的な事を解っていない。

モテる相手と結婚したら不倫されるリスクは高いに決まってる

それが絶対に嫌だというなら、非モテブサイクを選べばいいだけである。

特に女性は基本的に複数人に支持されてる人気者の男を好きになる傾向がある。

極端な話、ぼっちで孤高のハンサムな研究者よりも、陽気でパリピでひゃっほーな雰囲気イケメン(おしゃれなだけでフツメン)のが確実に女からはモテる。

そんなお調子者を生涯の伴侶に選んだなら、いつかは他の女に寝取られる事は想定しておくべきだし、何度でも許すくらいの度量がなければモテる相手とつきあう資格なんてないのだ。

だからイケメンや美女とつきあって浮気された人に同情する必要はないのだ。

なぜなら、そんなビジュアルハイスペックとつきあえただけでラッキーだったのだから、その代償はいつか払って当然だ。

 

www.siesta-nightmare.com

 

人はなぜ浮気・不倫をするのか

もちろんしない人、もしくはできない人が圧倒的多数なわけですが、それでもきっかけがあれば誘惑に負けてしまうのが人のサガというものです。

だって新鮮なトキメキに嘘はつけませんよ。

ただそこで理性が働いてリスクを天秤にかけて、踏みとどまる意気地なしこそが正解であり、欲望のままタガが外れてしまうのはやはり人として未熟であり、その先にある代償を想像できない低能動物である事は否めません。

じっくり思考した上で、配偶者よりも目の前の相手にどうしようもなく恋してしまっているならば、全てを捨てて突き進むのも一興という価値観もまた存在します。

莫大な慰謝料を支払ってでも別れたい、または本気で愛してしまったのならば、きっちりけじめをつけられるならば、一度きりの人生なのだから自分の気持ちに正直に生きるというのもアリでしょう。

子供がいなければそれでもいいのですが、このでくの棒の場合は幼い子供が三人もいるわけで、嫁+子供たちと若い女優を天秤にかけたらば、どちらが大事かと問えば答えるまでもないはずなので、まぁ完全に道を踏み外してしまったわけです。

 

www.siesta-nightmare.com

 

タレントパワーによる不倫報道の差

不倫バッシングと言えば一番叩かれまくったのはベッキーでしたが、比較的男性よりも女性の方が世間から厳しく罰せられる印象があります。

唐田えりかに知名度がまだそこまでないとはいえ、もはや彼女は女優として芸能界抹殺ではないでしょうか。

報道に関しては事務所の力というのも大きく働きます。

そしてそれ以上にタレントパワーによって揉み消される事も珍しくないです。

近年では吉本の重鎮である桂三枝なんかは20年も愛人として囲っていた相手が孤独死していたというセンセーショナルなニュースであってもテレビではほとんど扱われなかったですし、ダウンタウン浜田も東出と同じく3年もの間不倫をしていたわけだが、これもワイドショーではほとんど扱われず、妻菜摘の寛大さを称賛する方向に流れる始末。

結局大御所は裁かれずお咎めなしという現実があります。

でも渡部と違って浜田には需要があるので干される事はないのです。

一方東出が叩かれる主要因としては、妻の妊娠中から浮気していたという部分でしょうか。全ミセスが怒っておられます。

また東出をかばう男性というのも違う気がしますし、他人の不倫にガタガタ言うなと言って火消しに走る芸能人もなんか違う。

まとめ

モテる人は基本的には結婚しない方がいいと思います。

モテる人には誘惑がつきまとうものなので、二股三股三又又三になるのも当然なのです。

特に若いうち(20代)に結婚してしまうと、確実に30代で恋の波がもうひと波押し寄せてくるので、安易に飲み込まれて高い代償を支払う事にもなりかねません。

結婚さえしなければ浮気は法的な罪に問われませんが、不倫となると重い制裁が待ち構えています。

結婚してしまったらもう恋愛をしてはいけないのです。罰せられる事になるのです。

改めてあらゆる自由を奪う恐ろしいシステムですね、結婚ってば。

なので不倫されたくなかったら結婚相手はモテない人を選びましょう

そこらじゅうにいっぱいいますよ、ほら、あなたの横にも鏡にも。

 

www.siesta-nightmare.com