しえすたブログ

無職のシングルファザーが離婚や親権について語る

ゴキブリ対策は春から梅雨に!虫嫌いが説く屋内侵入を防ぐ方法

ゴキブリって嫌ですよね。

ゴキブリが好きなんていう変態は昆虫愛好家くらいなものかと思います。

私はほとんど世間一般の価値観とは真逆なため、非常に生き苦しい思いを日々強いられているのですが、ゴキブリが嫌い!という価値観に限ってはマジョリティと一致団結します。

そもそも虫が超絶大嫌いなのですが(蝶々やカブトムシでさえも)、中でも一番恐怖なのがやっぱりゴキブリなのです。

あんな奴に部屋に侵入されたらそれだけで大パニック必至というものです。

f:id:siesta-nightmare:20200902120301j:plain

ゴキブリをこの夏一匹も侵入させなかった方法を教えます

夜は家中の窓を閉める

ゴキブリは私と同じで暗くて狭くてジメジメしてて人の気配がない所が大好きな性質の生き物であり、要するに夜行性なので、日が出ている時間帯はほとんど活動しません。

なので朝の6時から夕方18時までの間は窓を開けていても大丈夫ですが、外が暗くなった夜間の時間帯はきっちり窓を閉めましょう。

暑いからといって窓を開けて寝てはゴキブリウェルカムといってるようなものです。

絶対に夜は窓を閉めましょう。

換気扇は止めずに廻し続ける

これ結構重要です。効果あります。

台所キッチンの換気扇は延々止めずに廻し続けましょう。

期間としては5月~10月までの半年間ずっとです。

休めないと壊れてしまうのではないかと不安になられるかもしれませんが、大丈夫です。

エアコンだって夏の間4ヶ月くらい一度も切らずに稼働させておいて良いのです。

換気扇は止めずに廻し続ける。

わかりましたね?

できればお風呂場の換気扇も廻し続けましょう。

ベランダ(玄関先)にゴミを置かない

生ゴミの置き場所って頭を悩ませませんか?

私は以前ベランダに出していたんですが、野良猫がよじ登ってきて荒らされたので、流しのシンクに袋を放置してますw

シンクの下水管からゴキブリが這い上がってくるという可能性は極めて低いので大丈夫ですが、洗い物する時に邪魔なので本来下に置くべきなのですが、なんか下に置いているとゴキブリがどこからか匂いを嗅ぎつけてやってきそうなので、ごみは上に置いておきたいのです。

シンクに置いていると邪魔なのでお皿を溜めずにすぐ洗う習慣がつきます。

けど見栄え悪いのでマネしないよーに。

ゴキブリに侵入されてしまった場合の対処法

以上の3点を忠実に守るだけで私はこの夏ゴキブリを一度も見ることはありませんでした。

それでも家の中に入られてしまった場合の対処法ですが、これはもう殺るか殺られるかなので、直接対決できないチキンはトラップを仕掛けるしかありません。

色々ある中でも評判が最も高いのはブラックキャップみたいですね。

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]

  • 発売日: 2005/05/11
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

見かけて目が合ってしまった場合は殺虫剤をかけるか物理的に潰すしかありません。

飛ばれる恐怖や物に薬が付着するリスクがあるので私は殺虫剤を使うのは躊躇します。

一生分の勇気を振り絞って電話帳で潰すというやり方で始末した事はあります。

ゴキブリ退治で大惨事

広島市中区流川町の雑居ビルで2015年、3人が死亡した火災で、広島県警は7日、ビル内の飲食店の店員の男(26)=同市西区=がガスバーナーでゴキブリを駆除しようとして引火したとして、重過失致死傷と重過失失火容疑で広島地検に書類送検し、発表した。「こんな場所で火を使えば火災になり、危険だという認識が薄れていた」と容疑を認めているという。

出典元:朝日新聞デジタル

3人死亡火災、店員ら書類送検 ゴキブリ駆除にバーナー:朝日新聞デジタル

この事故はゴキブリ駆除にガスバーナーを使用して燃やそうと試みたが火が段ボールに引火して二階のメイドカフェもろとも全焼して三人死亡三人負傷の大惨事となった。

教訓としてはゴキブリを火で炙ろうとするなということでしょうか。

ゴキブリは何故嫌われるのか

虫嫌いの私からするとゴキブリも他の虫もビジュアル的には大差ないのですが、決定的な部分があるとすればその動きなのではないでしょうか。

虫のくせに滅多に飛ばず、カサカサと異様なスピードで歩行するその動き。

かと思えば気配を敏感に察知して動きをピタッと止めるその緩急。

長すぎる触覚と毛の生えそろった複数本の足、鎧兜のような頑丈そうな羽。

なかなか死なない生命力とたくさん産み散らかす繁殖力。

もうゾッとしますね。

ゴキブリの実態を知ろう

ただゴキブリはほとんど目が見えてないという事を我々はあまり知りません。

ゴキブリは触覚ですべてを感じ取っているので、視力で物を見ていないのです。

だからゴキブリと目が合った!とおののくなかれ。

奴は見えておらず、むしろ奴の方が人の気配にビビっているのです。

ゴキブリの性格は一言で臆病です。

なのでゴキブリから人に向かっていくという事は滅多にあるはずがなく、そうゆうケースはゴキブリ側が何も見えずにパニックになってしまってるというだけです。

だから我々はひるまずに固めのスリッパを振り下ろせばよいのです。

「えいやぁ~~~っ!!」って。

武田鉄矢よりはゴキブリの方がマシ

家の中でゴキブリと対面することなく夏を乗り切れることに上機嫌で散歩していた先日、道路を徘徊するゴキブリを発見して驚いた私、車道側におののいてあわや死ぬところでした。

まさか外でゴキブリに遭遇するなんてビックリです。

 

ですが松任谷由実は「武田鉄矢とゴキブリならゴキブリの方がまだマシよね」と過去にラジオで発言しましたが、これには私も同意します。

 

ゴキブリ対策は春から梅雨前(4~5月)に行うことで夏場の侵入を防げます。

まだまだ油断せず、窓と換気扇対策を徹底しましょう。

 

www.siesta-nightmare.com