親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

体罰ガイドラインを提示した厚生労働省に物議/児童虐待防止法

厚生労働省の検討会では、来年4月から施工される親から子への体罰を禁止する「改正児童虐待防止法」の施行前に、体罰を「身体に苦痛を与える罰」と定義する指針素案をまとめた。

お尻を叩く、食事抜き、正座なども体罰にあたるとして、ネット上では「理想論ばかりでまったくもって的外れだ」などと物議を醸す事態となっている。

具体的には「頬をたたく」「長時間正座させる」「夕飯を与えない」「殴る」など。
厚生労働省の検討会はどのような行為が「体罰」とされるのか「体罰禁止ガイドライン」の素案を提示。
躾と体罰の違いを明確化する目的があるとしている。

厚生労働省が提示した体罰ガイドラインに物議

法により明確に定義されたのが初めてという事もあり、いろんな意見が出るであろうが、個人的にはこの解り易く振り切ったガイドラインに賛成だ。

こうゆう物は曖昧にケースバイケースだと言うわけにはいかないので、基本体罰はダメ!でよいと思うし、そんな事はもう十年以上前から学校でも施行されてるんだし、家庭内でも法のルールが適応されますよというだけで、これに対してしつけの不都合を感じるような親は今一度教育のあり方を改め見直した方が良いと思う。

f:id:siesta-nightmare:20191207010127p:plain

子供が悪い事したら体罰→アリかナシか

まず悪いか悪くないかを親の視点で決めて叱りつける時点でパワハラなので、まず何がどうして悪いのかを徹底的に議論し合うべきで、理詰めで子供に納得させるべきです。

子供が悪い事を理解して認めたら(ホントは大抵理解している)絶対に次はもうするなよで終わりで良いわけで、何か罰を与える必要など特にないはずです。
むしろ罰則を設ける事で子供の不満とストレスが増加されるだけで、反省の機会を奪いかねません。

子供のためを思って躾けるという発想の危険

よく「この子のためを思って躾けをしてるんだ」という免罪符のもとに、ネグレクトさながらの罰を与える勘違いした未熟な親がおりますが、もうそれは完全アウトです。

考えてみてください。
DV夫が妻に対してこのような思考を持つのと同じで、傍から見れば完全にDVのソレと同じ発想なんですね、これって。

つまり子供の為というのは総じて親にとって都合よくあれという粛清を意味し、完全に上から目線の支配でしかなく、委縮してしまった子供は後々精神的な支障をきたす事になりかねませんので、絶対に良くない教育理念(方針)なんですね。

www.siesta-nightmare.com

教育という名の無意識の洗脳

同じ屋根の下で暮らしてるわけですからどうしたって無意識下において親は子を洗脳してしまいがちです。
例えば思想を語ったり、好みの音楽を流していたり、好みの書物を本棚に並べていたり、好みの娯楽につきあわせたり‥。
これら全ては嗜好の刷り込みになるので洗脳と言ってよいでしょう。

でもそれくらいは親の特権でもあるので良いのです。
子供がある程度親と同じ価値観を持っている事の方が、健全であるし自然なのだから。

問題なのは支配することです。

子供の自由な発想を抑えつけて否定したりして親の理念を押し付ける事が人権無視に該当しかねないというわけです。

暴言も体罰と同じか

来年4月に施行する改正法では「言葉や態度によって戒める行為」は禁止対象外とされていたが、子供の尊厳を傷つけるような文言は新たに禁止することになった。

もはや親に対する教育マニュアルのようなガイドラインとなってきたが、幼稚な発言をする大人は存在するので、このように細かく厳しく明記しておくことで、感情的になってしまう親をけん制する意味でも禁止事項を確立させておいて無駄ではない。

www.siesta-nightmare.com

子供に訴えられないかビクビクするぐらいが丁度いい

こうなってくると学校で体罰が禁止されて以降、教師をなめきった生徒がいきり始める事態と同様にならないか懸念が生じてくるのも解らなくはないが、それでも親子関係を良好に築けていればそんな事にはまずならないので、そんな事を気にするぐらいならもうちょっと子供としっかりコミュニケーションとった方がいいでしょう。
むしろ子供に訴えられないかビクビクしながらギリギリの躾を行うくらいで丁度良いのではないでしょうかw

そもそも躾なんてしなくたって子供は親の姿勢や言動を見て勝手に育ちます
なのでもし子供が悪い行いをするのであれば、親である自分自身を鑑みる必要があるのではないでしょうか。
自分の子供なんだから何も言わなくたって解ってるはずだと、信じてあげてみてもいいと思います。

だから結論としては「しつけ」なんて要らないということですね。ハイ終了。

www.siesta-nightmare.com