親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

ビートたけし大嫌い!面白くない老害大御所芸人に引退勧告を

今年もウジテレビの27時間テレビの総合司会を断りもせず務めている"ふがふが"ことビートたけし(72)であるが、「つまんなくなったなぁ」「何言ってるか全然聞き取れねーよ!」と言うTV視聴者はいっぱいいるが、芸能村のみならず一般社会、ネット界隈においてもタレントビートたけしが嫌いだという”アンチ”を私は見たことがない。
この実績と露出において全くディスられないというのは異常で実に恐ろしい。

ビートたけし大嫌い!笑えない老害芸NO人に引退勧告を

もはやこんな事言うのは王様は裸だ!と叫ぶ少年くらいなのかもしれません。
おそらくは最大のタブーであり、これを言う者は翌日海に沈められてしまうのかもしれないと思うくらい、本当に全く誰も言いません。
北朝鮮のカリアゲ黒電話と全く同じです。
周囲の取り巻きが常に作り笑顔を絶やさない所とか佇まいとかソックリです。

たけしが何か言えば面白くなくてもとりあえず笑っとけという暗黙の了解が業界において確実にはびこっており、その空気感はモニター越しに見るお茶の間にまでひしひしと伝わり、非常に歪で重たく嫌な空気が流れます。ハッキリ言って超ストレスです。

しかも滑舌が悪すぎて何を言ってるのかもよく判らないから余計にタチが悪いです。
共演者大変やな~と見てるこっちが番組出演者に要らぬ同情すらしてしまいます。

そのためたけしの発言終わりに笑う準備をして待っている共演者ですが、近年のたけしはオチも付けずに真面目なコメントで締める事もわりとある為、肩透かしで苦笑いに留める共演者の反射神経による反応を確認するのが視聴者側の笑い処でもあります(複雑高度な笑いですねぇ)。
横の誰かが一言「マジメか!」って突っ込めば笑いも起きるはずのに、誰も突っ込まないので尚更たけしが哀れです。しかしこれはツッコミを許容する空気を出していない大御所側が悪いのです。本番前の挨拶の時にでも「遠慮なくつっこんでくれよ」と一言言っておくべきでしょう。そうでないと画面に映るたけしは権力を象徴する置物にしか見えず、タレントとしては致命的であるが、それでも未だに出ずっぱりなのはいったいどほどの権力だというのか。恐ろしい限りである。

f:id:siesta-nightmare:20191103023330p:plain

ビートたけしは笑わない

私が一番感じ悪いなぁと思うのは、たけしは誰かがウケた時、ほとんどいつも真顔なのである。なんにでも愛想笑いする二流司会者も気持ち悪いが、それでも明らかにそこそこ面白い発言があっても、その発言主がB級タレントだと全く興味を示さず台本に目をやっていたりする事が実に多いのだ(さんまか松村だと笑う)。

島田紳助という唯一の反抗勢力

逆にたけしが何か言えば全員もれなく笑うのが芸能界の決まりだが、ただ一人しかめっ面を通していたのが今は亡き島田紳助で、二人はひょうきん族以降不仲な為かほとんど共演はないのだが、10年程前の紳助司会の27時間テレビ内の深夜のさんま枠で、スタジオのさんま紳助がたけし扮する火薬田ドンの体を張ったおふざけを見守るという恒例の構図で、ワイプでバカ笑いするさんまとは対照的にいつもにも増して眉間にシワを寄せてまるで理解ができないといった反応で無言に徹する紳助が非常に印象的で面白かった。

漫才のタイプからヤクザのつきあいまで類似する両者だけに相まみえないのかもしれないが、紳助引退時のたけしのコメントも素っ気なく、深い溝を伺わせた。

たけしを批判した人物

芸能界でたけしを公に批判した人物は「北の国から」の倉本監督ぐらいしか他におらず、監督はたけしより年長で実際映画でも絡んでいるのでどこまで本気で批判しているのか定かではなく、それ以外では調べても皆無で、そこまで愛されてるような聖人君主な人物とはとても思えない為、だとすると本当に批判することを許されないヤバい存在であるという事実に信憑性が増すというものだ。

吉田豪勘違い恫喝エピソード

TVタックル収録直前にゲストコメンテーターのインタビュアー吉田豪氏に直接詰め寄ったたけしは「以前俺の顔が曲がってるとか週刊誌に悪口書いておいてよく出てこれたなおい」とアウトレイジさながらの迫力で恫喝し、数十分後収録最中にスタッフから名前の似た違うライターとの誤解だと知らされて、カメラの回ってる中で吉田に対して「さっきは悪かったな兄ちゃん」と謝罪したたけしであったが、これを間違いを素直に認めて頭を下げる潔い大御所として番組では美談仕立てに報じたのであるが、さすがに半分くらいの視聴者はドン引きしたのである。

この件に関しては恫喝は収録時でないのだからこの問題をわざわざテレビで流さなくても済んだはずであるが、きっちりとりあげた事に関してはあっぱれであるが、相手が芸能ライターの吉田豪氏だけに後日書かれて曝されるよりも先手打った方が傷が浅く済むとも考えたかもしれないが、どちらにせよこの事実は覆らない。
自分をディスった相手を許さないという器の小ささが露見したもので(しかも内容が笑えるレベル)、勘違いであろうがなかろうがこの裏の顔エピソードは非常に心象が悪いと言える。これでもし大御所なのに悪い時は即謝罪するたけしはやっぱり立派だとか思うバカがいるとすれば、ちょっと頭の手術をした方が良いでしょう。恐ろしく胸クソエピソードではないか。

カリスマと老害の狭間

一般視聴者層でいえば、おそらく40歳以下からは芸人ビートたけしの何が面白くなんでこんなにも祭り上げられた存在なのか全くもって不可解であるに違いない。
おそらくは映画で成功したから、監督としての実績で箔がついたのだろうと受け止められていると推測されるが、それだったら俳優と歌手の二足草鞋で大成功の福山雅治なんてどれだけ神扱いされていてもおかしくないわけで、やはり全盛期の80年代においてすでにトップオブトップの地位に君臨していたたけしには一言では言い表せないカリスマ性を有しており、現在50代の多くの信者が多感な時期に受けたその衝撃を未だに持ち続けている結果、今でも王様としてのその立ち位置を許されているのだろう。

若者から見れば呂律のまわらない置物ジジイでしかないわけだが。

映画監督・北野武

散々ボロカス言ってきたからフォローするわけでは決してないが、映画監督としての北野武は個人的に大好きである。
基本的に暗く、乾いていて、叙情的であまりハッピーエンドではない、シニカルな作風は王道ハリウッド映画が大嫌いな自分としては観てて癒されるのである。
B級臭くてとても売れる要素があるとは思えないのだが、やはりここでも裏の権力が働いてるのだろうか?w

デビュー作もソナチネもキッズリターンもアウトレイジも好きだけど、中でも全く不評で不人気のフラクタル三部作(TAKESHI'S/監督ばんざい/アキレスと亀)が特に好きですね。誰にも叩かれることのないたけしですが、この三作品だけはボロカスに叩かれてますね。

あと本人監督の映画だけでなく、基本的に俳優としてのたけしも嫌いじゃないです。
その意味でもバイク事故以降は映画に専念してタレント業からは完全に撤退してくれていたら、私もここまでたけしを嫌う事はなかったのになと思います。

www.siesta-nightmare.com

晩節を汚す離婚と事務所問題

この件に関してもテレビのワイドショーは誰一人としてたけしのダメな部分を正当に批判するコメンテーターはいませんでしたね。
「たけしさんはお金いっぱい取られてますからね笑」といった具合で本当にテレビの忖度が気持ち悪いのです。
そりゃ元妻も森社長&軍団もエグイ金額貰ってるでしょうから口も閉じるんでしょうけど、特に軍団の存在は最初から気持ち悪かったですね。
多分私がたけしを嫌う一番の理由は殿と呼ばれて軍団を引き連れている姿にあったのだと思います。完全にヤクザのソレと変わんないですからね見た目。軍団もクズばかりだし。

あれっ?こんな時間に誰か来‥うわっ、ちょっ、やめ、あ