親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

カジノ法案成立も賭け事はリスクだし保険もギャンブルだ!

どうせなら楽してお金を稼ぎたいですよね?
空から札が何千枚も降ってきて自分の部屋に吸い込まれてくるなんて理想じゃないでしょうか(逆に怖いか)。
そうゆう怠惰で欲深な人間が一攫千金を狙って賭け事を始めるわけですが、そんなにうまいこといくはずもまずありません。
運悪くビギナーズラックを経験してしまうとドリームアゲイン症候群になってしまって引き返すのも難しくなります。

ギャンブルで儲かる?損する?賭博で失敗しない方法

勝って儲けた事を自慢する人間はその背後にそれ以上の苦渋をすでに経験しているもので、通算トータルで黒字のギャンブラーなんてほんの一握りである事は言うまでもありません。
ギャンブラーというとカジノや雀荘で本格的にやってるイメージがありますが、競馬競輪パチンコはもちろん、宝くじもロト6も株FXも含まれます。
ある程度資金のある者がお遊びでやる分には良いかもしれませんが、絶対に倍にしてやるんだとか意気込んでやるようでは必ず泣く事になるのでやめるべきです。

単純に確率で見て解るとおり、基本的に負けて当然、勝って奇跡です。
そのような条件で勝負を繰り返していればあっという間にすっからかんです。

賭け事で損をしない方法はたったひとつだけ。
やらないことです。

f:id:siesta-nightmare:20191026000811p:plain

賭け事はしない方がいい

例えば最も当たる確率が低いものは宝くじです。
あんなものを1万円分購入して2千円当たったとか喜ぶのは愚の骨頂です。
8千円の損失は夢を見れた代償だと言い聞かせるみたいですが、夢なんて本来タダで見れます。確実に損をしたんだともっと自分を戒めてください!!

最も身近な場所にあるパチンコ屋なんか昔と比べたら確実に衰退はしてますけど、それでも駅前の一等地に大型店舗が2階建て3階建てで連なって立ち並んでいて、朝一で人が並んでたりもします。
理由を聞いてみたら特定の日には出る台が多く、やれば勝てるとか言うんですよ。
ホントに勝つ事もあるんでしょうけど、なんでもない日に負けてるんだから、そうゆう客をパチ断ちさせない為に店側も還元セールを行うんだろうなと考えると、良く出来た商売だなと感心もしますが、やっぱり感心しないなぁ。

保険もギャンブルだ!

私が常々皆さんご加入の保険に対して違和感を持ち続けているのは、保険が賭博のシステムと全く同じ構造だからです。

必ず訪れる不幸の法則を用いて確率から額を計算して還元する仕組みは、ギャンブルの胴元にチップを預けて掛け金の倍以上の払い戻しを期待して待つソレと同じです。

でもイメージとしてギャンブルは明らか悪なのに対し、保険は善を謳っているので尚更タチが悪いです。
パチンコ屋がなんで駅前の一等地にでかでかと構えているかといえば、確実に儲かっているからです。
保険会社もなんで高い広告料を出してバンバンCMを打ってるかといえば、確実に儲かっているからです。

保険は相互扶助の精神だのと綺麗ごとをのたまっておりますが、エグイ程に保険会社の懐に手数料が収まります。
それこそ保険会社を通さずに国民間で相互扶助の保険を設ける事も本来可能なはずです。
それだったら私も加入してもいいかなと思います。

昔から現在に至るまで保険金殺人事件がなくなることもありません。
こんな危うい制度が本来存在していいはずがないと個人的には思います。
被保険者が亡くなって契約者が受取人であったりすると、もうそれだけで事件の匂いがプンプンしてしまいます。

www.siesta-nightmare.com

カジノ法案成立!解禁へ

長らく揉めに揉めていた議論も成立し、日本でも数年後に大規模なカジノが解禁されるわけですが、あれこれ問題も山積みで長引いているのが現状のようです。

個人的には全く興味はありませんが、賛成派だったりします。
私はやりませんが、経済の活性化に繋がって消費増税の打ち止めに一役かってくれれば存在意義はあるんじゃないでしょうか。

依存症の廃人の増加が懸念されてるようですが、そんなものいわゆる自己責任ですよ。
反対派の意見としては治安がどうとか言われてますけど、土地の余った北海道にでも作れば問題ないと思います。むしろ活性して良い事ずくめなんじゃないでしょうか。

その代わり儲けは国が税金として管理して、国民からこれ以上徴収しない事を約束してほしいですけどね。
特に消費税なんかはキリの良い10%で打ち止めにしないと、さすがにおとなしい国民も黙っちゃいないと思いますからね。
ギャンブルや嗜好品や贅沢品に税金をどんどんかければそれでいいと思います。

私はゲーセンのコインゲームのデジタル競馬で息子とささやかに楽しんでいますよ。