親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

キャンプとか登山とか海や川遊びとかアウトドア全般が大嫌い

アウトドア=ノータリン

もうね、休みがあれば出掛けようとするバカばっかりじゃないですか、世の中って。

そんで渋滞の列に並んで大多数に紛れて安心ですか?みんなと一緒で楽しいですか?身体を動かして何かしたような気になってるだけでしょ?

自然と戯れる事が健全かのように勘違いしてらっしゃるようですけど、私に言わせれば自然は本当に恐ろしく険しいものなので、人がそれに近づくというのは自然をナメてると言うに他ならず、全然まったく能天気で死ななきゃ解らないバカばかりだなと思うのです。

夏は必ず毎週のように事故が起きるじゃないですか。

なんで学ばないんだろう。

命懸けっていう意識がないからこそ出掛けるんでしょうけど。

遠足は虐待だ

この前子供の学校で遠足がありまして、どこへ行くのかとしおりを見ましたら、山の方の無人駅まで電車で行って、そこから二駅半区間を山道に沿ってひたすら登り歩くというルートなんですけど、これ見てすぐネットで調べたらこの峠ルートは雨の後は初心者は危険とか書いてあるんですよ。

前日普通に雨降ってたんですよ。え?大丈夫!?ってなるじゃないですか。

それに大人でも結構な距離の山道を登るのは日頃から体力つけてないと厳しいはずで、小学校低学年にそれさせるってもはや虐待じゃないの?って思いましたね。

 

私が小学生の時に遠足でロッククライミングばりに両腕を駆使して崖のような山を昇らされた事がありまして、下を見たら「あ、これマジで全力で昇りきらないと落ちたら死ぬな」って思った記憶が今でもトラウマとして残ってます。

 

足腰を鍛えて強くするんだって方針なのは解りますけど、そんなのは運動部の合宿でやってればいいわけで、体力のない子も含めて一律にハードなトレーニングを強制するのは危ないしどうかと思いますね。

それに悪い子がふざけて押したりして山から転げ落ちたりしたらどうなんでしょう?死んじゃう可能性ありますよね、マジで。

先生が見てませんでしたって校長がハゲ頭下げて謝罪したって遅いんですよ。取り返しつかないんですよ。

 

はい、だから休ませましたよ(爆)

子供も行きたいか行きたくないかといったら行きたくないと言ってたんで。

翌日先生たちからは「遠足行けなくて残念だったねぇ」と言われて困惑したそうですが。

クラスの子供たちの感想は「疲れた」以外なかったそうです。

Mountains lover

登山は最大の罰ゲーム

もう本当に解らない、解りたくもないというのが登山ですね。

登山が趣味とかいう人って理解できない存在なのでもはや怖いです。

山には得体のしれない虫がうようよいるわけで、それが靴底や裾に付着するとか考えただけでもうゾワゾワですよ。

山頂の景色とそこで食べる弁当は最高だとか言いますけど、景色と言ってもオーロラが見れるわけでもなく、ただの青空と遠くの街並みを眺めるだけでしょ?(曇り空の確率のが高く、芝生で寝そべって見上げる青空に比べても立体感に乏しい)

悪いですけどべつにまったくなんにも感動なんてしませんから!!

 

しかも今度はパラシュートで降りるわけでもなく、また登った道をてくてく下山するんでしょ?

だったら最初から登らなきゃいいじゃん!!

例えるならすべり台の階段を登って、すべり台ではなく階段でまた降りるようなものですよ。

まだその山頂に重要なアイテムがあるとか、レアなポケモンが居るとかいう目的があるなら解りますけど、まさか山頂からのインスタあげるだけとかそんな事に一日費やすのは絶対に嫌です!

 

クレヨンしんちゃんの作者が確か山好きで崖から写真撮ろうとして落ちて亡くなりましたが、そんな死に方あんまりじゃないですか。

登山家とかならプロなんで命賭けててもそれは自己責任ですが、素人が気軽に登山とかしちゃダメだと思いますね。

特に高齢者なんかが健康の為とか言って登ろうとするじゃないですか。

ハッキリ言って登山なんて身体に良いどころかリスクしかありませんから。

もしみなさんの身近な人間で山登り愛好家の人がいらっしゃったら全力でその趣味を否定して尊い命を間接的に救ってあげてください。

今から山に登ろうとしているそこのあなた、すぐにキャンセルしてください!

リア充のモテ趣味

基本的に趣味を聞かれたら「波乗りです」って答えるようにはしています。

だってなんかそれだけでモテそうじゃないですか。

元気に活動的に多くの友人に囲まれて笑いに包まれた休日を謳歌してそうなイメージじゃないですか。勝ち組じゃないですか。

まぁ人生の荒波に乗ってるので嘘ではないですからね。

つまり不健康に家で一人でブログ書くのが趣味だなんてバレた日には嘲笑の的ですよ!ダサすぎですよ!モテませんよ!

オタクが認知された世の中になったとはいえ、依然インドアな人間は劣悪卑小というレッテルを貼られているようにお化け色の白い肌で痛烈に感じますね。

もうそれは諦めます、開き直って「家の中が大好きだぁ!」と心の中で叫びましょう。

でもとりあえず趣味を聞かれたら「波乗りです」とは答えますが。

「サーフィン」だと嘘になっちゃいますからね。

 

本当はね、羨ましいんですよ、海とかキャンプとか心から楽しめる人の事が。

それをバカにすることでチンケなプライドを守ってんですよ、解って下さい。

アウトドアが嫌いなんじゃない、虫が怖いだけなんです。多分。

www.siesta-nightmare.com