親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

勝手に離婚届を書いて出したら私文書偽造罪で逮捕されるよ!

「親権が欲しかった」

今月1日、札幌市の36歳の無職の女が夫に無断で勝手に離婚届を提出して逮捕された。

理由を「親権が欲しかった」と述べたという。

 何を焦ったんでしょうか。

きっと急がなければならない事情があったのでしょうが、やり方が稚拙でズサンでおそまつすぎて苦笑してしまいますが、気持ちは解ります。

わりと多くの人が一度はこのような考えが頭によぎる事もあるのではないでしょうか。

親権獲得は女性が圧倒的に有利

この現代日本において女性が親権を取る事はおわんできんぎょをすくうくらい簡単な事なので、女性がこうしなければならなかった理由を色々と邪推してしまいそうになるのですが、本題とずれるのでそこには触れません。

 

親権を争う時に母親側が不利になるケースというのは概ね2点程で、ひとつは普段から子に対してネグレクト気味で夫よりも子供の世話をしていなかったという既成事実が証明される場合と、もうひとつは精神疾患持ちで今後の育児に不安がみてとれると判断が下された場合ぐらいです。

 それ以外であれば母親側が不倫してようが子供に嫌われていようが働いていなかろうが母親側が親権を望めば司法は母性優先の原則で思考せずに母親に親権を与えるものです。

f:id:siesta-nightmare:20190906232152j:plain

離婚の手順

しかし夫が離婚に応じなければすぐには離婚ができない為、順を踏んで調停で話し合うか強引に子の連れ去り別居を決行したとしても離婚成立までそれなりの時間を要する為、速効で離婚を成立させる為には相手方に同意を得て離婚届用紙にサインをもらう以外にはないので、相手方の同意とサインが得られなければ離婚というものは片方がすぐにしたくなってもできないという仕組みだという事なんですね。

 

そこが内縁だったり同棲カップルとは決定的に違う法的拘束を伴う関係を意味する重みであるので、結婚届を出す場合でもそのくらい慎重にならなければならないのですが、結婚届を出す時というのは互いの気持ちがポジティブな方向に高揚している為、こんなにも重い紙きれをデートのイベント気分で提出できてしまえるわけなんですね。

離婚成立までの過酷

しかし離婚届を出す時というのは互いの気持ちの何もかもが分離している為に、その届け出用紙を出すタイミングひとつとってみても噛み合わず、もしくはわざと噛み合わそうとせず、そこに親権問題が加われば当然話がこじれるわけで、何もかもすんなりまとまる協議離婚というのは子供の居ない夫婦か、金銭面で折り合いのついた夫婦だけなんじゃないでしょうか。

 

離婚は結婚の何十倍も大変とかとてつもなくエネルギーを消費するとも言われますが、その所以は二人の気持ちがまとまらないからなんですね。

互いに嫌いだという気持ちだけは同じだったとしても、それ以外の分与するひとつひとつの物に対しての執着や張り合う我欲と、疑心暗鬼な不信感からくる憎悪に塗り替えられた記憶がいつしか相手の望まない選択肢をあえて選んでやるという方向へと思考がシフトし、何を話し合っても衝突するようになり、結局時間だけが無駄に気力だけを奪って過ぎていくのです。

www.siesta-nightmare.com

なので離婚届をサッと出してパッと離別できればどんなに楽かとは思うのですが、大人としてひとつひとつクリアにしていく責任があるという事を既婚者は肝に銘じなければなりません。

しかし現実問題としてこのように逮捕までされてしまうケースというのは極めて異例で、よっぽど父親側がお怒りで離婚不成立だけでは収まらなかったのでしょう。

離婚届提出の心得

法的にも電磁的公正証書原本不実記録供用の罪で罰金または懲役刑に処される事案ではあるのですが、大抵の場合はそれを証明する為にまず家庭裁判所に離婚無効の証明申し立てをしなければならず、非常に面倒な手続きを何度か踏まなければならない為に相手方が泣き寝入り諦めるケースも多く、そこまでされて再度生活をやりなおそうと思う人もあまりいない為、うやむやになるものなのですが、改めて離婚届や結婚届を勝手に書いて提出するという行為は逮捕案件であるという当たり前の事実を再認識させられたローカルニュースではあります。

www.siesta-nightmare.com

親権が欲しい男性こそこのような過ちを犯してしまいそうにも思えるのですが、そのような事案は故内田裕也氏以外では見受けられないところを見ると、やはり男性は理性的でこの行為が犯罪であると理解しているからか、もしくはそこまで親権を抱えて離婚してシングルファザーになりたいと思う人というのはあまりいないのかもしれませんね。

だとするとこの当ブログってニッチすぎて需要ないんじゃないかと思えてきましたw

離婚するなら正式に時間をかけて誠意と謝意を込めて冷静に話し合いましょう

www.siesta-nightmare.com