親権に離婚したい父親たちに告ぐ

正しい離婚の仕方を教えます

失業給付手当(失業保険)を諦めた件

仕事を辞めてから丁度半年が経過しました。

元々がひきこもり気質なので全然まだまだ外へ出て働きたいという気持ちにはなりませんが、少額とはいえ雇用保険を払わされていたので失業給付金を受給する資格はあるものの、これが非常に面倒なハードルを用意されてて簡単には受給できない仕組みになっている為に私は貰う事をあっさりと諦めました。

Resignation Letter

受給資格条件

それはまず再就職する意思があり、積極的に就職活動をしていなければ受給できないという謎ルールのためです。

それまでの勤務日数などクリアしていて受給資格があるというのに、その後の意思だとか活動状況により貰えないとか本来おかしな理屈かと思うのですが、失業保険は再就職を支援するためのものなので、再就職する意思の無い人、または働けない人には給付されることはないそうです。なんなんでしょうね、これ。

 

しかもハローワークに何度か通って面接を受けたりしての三ヶ月後に給付金が三ヶ月間支給されるという仕組みなのですが、この間に次の仕事先が決まった場合は失業保険から再就職手当に切り替わり、割り引かれた額面が支給されるという事になります。

 

三ヶ月も経過してる中で何度か面接受けてれば再就職先も決まるだろうというケチ臭い魂胆が見え見えの制度ですね。

そんな面倒な条件付けずに受給資格のある人は全員退職した翌月以降三ヶ月間給付でいいのにね。

申請からの期間

そんなわけで本年度中に就労する意思の全くない私はこれを諦めたわけですが、しかし面倒な労力を惜しまなければ受給する事は可能かとも思われますから、これもまた制度のほころびと申しますか正直者が損をする仕組みが見受けられます。

 

例えば私が何度かハローワークに通う上で(仕事と割り切って)適当な就労場所をピックアップしてやる気もないのに落ちる為の面接を受けたとします。

間違って受かってしまったとしてもなんだかんだと理由をつけて取り止めにする事も可能でしょうし、全身から無気力オーラを醸し出して余白だらけの履歴書を提出すればまぁ普通に不採用の確率が高いとは思うのですが、それを2~3回繰り返すというのも結構きつい作業ではありますが、それを遂行できた後には晴れて失業保険がおりるわけなんですね。

 

ただ私の場合は離職する直近三ヶ月は労働意欲が削がれていたので週2~3回の出勤日数で当然給与も少なかったので、失業手当の額はそれを反映させるのでどっちみちたいした金額が支給されないという事もあり諦めたわけですが、失業手当をしっかりと見据えて退職の直近三ヶ月はバリバリフルで働いて辞めるという計算高くたくましい猛者も世の中にはわりといるそうなので、できるならそうした方が良いですね。

雇用保険加入者の権利

一方妊娠を機に出産前から育児休業給付金の申請をしてしっかり休んで復職してからすぐ退職した女性社員もいました。

会社側からしたら「ふざくんな」でしょうけど、これは雇用保険に加入してる者の当然の権利の施行なんでなんら問題ないのです。

でも有休を申請するのもためらわれる小心な日本人は少なくありませんので、国はその精神的な弱味につけこんで面倒臭い申請方法で申請意欲を失くさせるというワザで税金の還元を渋るスタイルなのでそれに屈してはいけません。

www.siesta-nightmare.com

退職してから一年くらいゆっくり休む事をよく思わない社会の風潮が生き辛さを増長させてるように思えます。

再就職する時に一年の間が空いていると何をしていたか必ず聞かれるそうです。

人間らしさを取り戻すために静養して羽を伸ばしてました」と言ってやりましょう。

今の(これからの)時代は完全に売り手市場です。

「勤めてやってもいいけど?」くらいの気持ちで足を組んで面接を受けるくらいの方が逆に有能っぽくて採用されるかもしれません。

 

私は無能ですが週5で一日8時間も拘束される契約なら月給80万円は保証してもらわないとやってられないですね。

あとフレックスタイム制である事も絶対条件ですね。

さぁ、この私を雇えるものなら雇ってみやがれ!ぐはっ