親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

一夫多妻制の導入を検討すべき

条件付きで富豪のハーレムを合法化

もうその時期に来ていると思うんですよ、少子化ですし、二極化ですし、衰退国だし。

もちろん誰でも彼でもOKではないですよ?モテるからという理由だけではもちろんダメです。そうですねぇ、年収が税金を引いて3億以上の人は妻を二人めとって良い事にするというのはどうでしょうか?それ以下の人はこれまでどおり一夫一婦制です。

little prince

そしてなかなかいませんが10億越えたら何人でも囲って良し、王国を作って良しとするのはどうでしょうか?金が有り余って有能な男性の子供を産みたい女性はたくさん居るはずです。養育費貰えるなら挙手する女性は殺到するように思います。

 

イチローや武豊に子供がいないなんて日本の損失じゃないですか。

大谷選手は4人ぐらいの妻と同時に盛大に合同婚なんかやっても許されると思いますよ。ダウンタウンの松ちゃんもそれを望んでいます。幸せな人が増えてwinwinな制度だと思いますけどね。

導入国の現実

イスラム教(主にアフリカ)では富裕層に限り4人まで妻を持てるのですが、条件としては滞在時間や物品等に格差をつけず平等に扱わなければならいんだそうですが、まぁ当然といえば当然ですよね。

でも人間だから時間経過と共に愛情の序列はどうしても生じてきてしまうとは思うんですね。そうなった時に結局苦悩する事に変わりはないみたいで、そうなると本末転倒ですよね。

一妻多夫制は?

逆に一妻多夫制はどうかというと、チベット等でこれも複数存在するらしいのだ。

しかしこれは個人的には良いとは思えない。一夫多妻制は少子化問題を少しだけ緩和できるが、一妻多夫制にしたところで一人の女性が子供を産む数には限度があるからだ。

しかし一夫多妻制だけを認めて一妻多夫制を認めないとしたら男女差別だとなるから同じ収入条件で認めても良いが、おそらく富豪の女性は夫を何人も欲しいとは思わないだろうから意味はないだろう。

慰謝料廃止論

男からしても金持ちが家庭を複数所持していても特に妬む気も起らないはずだ。

アメリカの有名人著名人の離婚時の慰謝料がとてつもなくて笑える額だったりするが、そうゆうことも一夫多妻制で失くすことができればそれは良いのではないか。

 

離婚するだけで何十億も一人の妻が財産をゲット出来てしまえるという仕組みはどう考えても不健全だ。

そもそも慰謝料ってなんだよ。お互い様だろ。

良い思いもしてきたんだからピリオド打たれたって充分すぎるほどトータルではお得な半生だったはずなんだし、富豪の妻こそ慰謝料を請求する資格はないと思いますけどね。

この悪しき法律即廃止にすべきですよ。

なんで最底辺の私がこんなに熱く語る必要があるのかはおいといて。

WINWINマッチング

だから一夫多妻制の導入を先進国こそ本来検討すべきなんですよ。

それによって結婚出産を望んでいながら現実的に諦める女性という層を救う事が僅かながらできるのですから。

男も女も自分と同レベルの配偶者なんて嫌なんですよ。

だからマッチングできない男女が増加の一方なんですよ。

わがままになってしまったと言えばそれまでなんですが、実際問題独りでも楽しめるコンテンツが盛り沢山の現代において、結婚するメリットって見出しにくくなってますからね。

ネクストモチベーション

富豪男性にとっても夢のある制度ではないでしょうか。

だって収入が億を越えたら、次のモチベーションってみつからなくなってくると思うんですね、知りませんけど。

だけど3億越えたら二人目の奥さんを持つ事を法律で許可されるってなったらちょっと新たに色気を出すじゃないですか、知りませんけど。

産まれてくる子供だってきっと幸せですよ、知りませんけどw

重婚禁止の背景

さいごに重婚が何故日本では認められていないのか・・それは貞操を重んじるキリスト教的考えの根付いているアメリカを模倣してるからにすぎないんですね。

結局は宗教観というのがデカいっぽいですね。

 

しかし日本でも明治時代初期までは上級民国のみ当然の如く許されておりましたが、時代の流れにそぐわなくなり、福沢諭吉の出現により一夫一婦制への改正と維持を推奨し続けて今日に至るわけでありますが、ここで一夫多妻制を許可してしまう事は保守的な思考が蔓延してしまってる現代におてまず現実的ではないんですね。

とりあえず受け入れ難いと。

それにアフリカと同列に成り下がってる印象になるんでやっぱり絶対無理なんですね。せめてまずヨーロッパで認められる事が大前提ですかね。まぁ世界的に一夫一婦制がマジョリティである限りこの法律が覆る事はないと思います。

 

それはそうと中国の一人っ子政策(2016年撤廃)の方が気持ち悪かったですね。