親権に離婚したい父親たちに告ぐ

正しい離婚の仕方を教えます

浮気・不倫をされたら?

 離婚を考える過半数の方が相手方の異性問題による秘め事の疑惑発覚がきっかけというケースが多いのではないでしょうか。

信頼していた気持ちが音を立ててグラグラズドンと崩れ落ちていくものです。

元のさやに戻るには信頼回復に向けた相当の努力とアピールが必要になりますが、何事にも言えますが一度裏切った人間は必ず二度三度裏切る可能性は極めて高いのと、裏切られた側は以後の生活において不信感を拭えない為に度々襲ってくるフラッシュバックに耐えながら暮らすには抱えるストレスが増すばかりになるので、完全な修復は極めて困難となります。

Shhh...It's a Secret Affair!

じゃあどうすればいいのか?

それぞれに状況も違うのでこうすべき!という答えなどありません。

どれだけ妥協できるのか、それでも別れたくないのかで変わってくるからです。

 

絶対に許さない!

という人は答えが出てるので簡単です。

別れればいいだけですが、感情的になって離婚届を出してハイ終わりにするのではなく、しっかりと弁護士を付けて慰謝料を請求するようにしましょう。

この場合離婚前であるならば不倫相手に申し立てた方がよいでしょう。

感情的には配偶者を責める気持ちが大きいですが、配偶者は身内(家族)なので金銭的ペナルティを与える事が出来ないからです。

そして裁判を終えた後、改めて正式に離婚をすることで、スムーズに完全優位な形で離婚を成立させられるかと思います。どん底からの大勝利ですね。

 有責と親権は別

ただし親権は別問題なので子供が未就学児だと(小学生であっても)父親が浮気不倫をされた側であっても母親に親権を主張されると厳しいです。

ですが不倫するような恋多き女に子供を預けたら近未来の内縁の夫に我が子を虐待死させられる危険が高いので絶対に何が何でも父親は親権を主張しましょう

この場合調停裁判だと不利なので直接妻と話し合って不倫の慰謝料を請求しない代わりに親権をよこせとかなんとか言って譲歩した条件を提示して協議離婚のサインを迫りましょう。

くれぐれも調停委員や裁判官に公正な目を期待してはいけません。不倫するような妻であれば今後において子供は邪魔と考える人が多い気もするので、話し合いで意外とあっさり親権を託すという結果になるかもしれません。

 

今回は目を瞑り再構築していきたい場合

どうしてもそれでも相手の事が好きだったり、子供の事を考えたら家族の形を壊したくないという保守的でイイ人がこのように考えます。

でもここで許したら相手はその後何度でも同じ事を繰り返しますので更に傷が広がるだけで不幸になるのは目に見えています。

三度目で離婚を決意するくらいなら一度目で決意した方が傷は浅くすみます。

 結婚の代償

とはいえモテるタイプの人と結婚したらいつかは訪れる試練だとも言えます。

女子力の高い妻であれば結婚しても外でモテる事に変わりはありません。

イイ女と結婚出来た代償は年を重ねるまでしばらく「不安」という形で支払い続ける事になります。

イケメンと結婚した女性も同じです。

モテるのだから仕方ないくらいに思えないとイケメンと結婚する資格はないのではないでしょうか。

40を過ぎれば落ち着くのでそれまでは目を瞑るというのもひとつの包容力かもしれません。

 

疑惑段階の場合

探偵になった気分でしっかり証拠をつかんでいきましょう。

こっそりスマホのライン履歴を見てこれだというラインがみつかった場合は自分のスマホで写真を撮って保存し、すぐに問い詰めるのではなくしばらく泳がせて様子を見ましょう。証拠は切り札に取っておきます。

スマホがキーロックかかってる場合はそれ以外の方法で調べる事になりますが、逆にハッキリ「黒」であると言ってるようなものなので確信して良いでしょう。

 

さいごに

ちなみにうちはモテない同士の結婚でしたので幸いにも浮気不倫によるゴタゴタというのは経験しなかったので当事者の方の気持ちを察する事は出来ないのですが、もしそうなったらと考えると・・おぞましい程の憎悪の炎が燃え盛って正気でいられなくなるのかななんて想像すると本当に怖いですね。

やはり感情を押し殺して淡々と離婚の準備を始められる人が正解なんじゃないでしょうか。

浮気不倫をしてしまう人は子供よりも異性との恋を優先してしまうような人なので絶対に親権を持たない方が良いです。持たせてはいけません。言いたい事はそれだけです。

 

www.siesta-nightmare.com