親権に離婚したい父親たちに告ぐ

正しい離婚の仕方を教えます

PTA活動が不毛すぎる件

子供が小学校に上がると最初の保護者会で議題のメインに上るのが「PTA係委員決め」です。避けては通れない古い習慣からの恒例生贄裁判です。

欠席してもくじ引きで当選してしまう事もあるのでもはや逃れる手段はありません。

しかし低学年の委員決めはさほど難航せず、早めに済ませておきたいという人や、このような活動に対して抵抗のない特異な方が手を挙げるのでわりとすんなりと決まるのだが、中学年にもなると保護者会に出席する人の方が少なくなり、当然自ら手を挙げる人もなく、低学年期にやらなかった人の中から抽選出となる。

そして今年不名誉にも私は抽選くじにより勝手にクラスのPTA委員にさせられたのでした。

15家教會_155

専業主婦の割合の方が多かった30年以上前ならともかく、時代錯誤でバカバカしい風習であるにも関わらず、今も尚在り続けるこの不毛な組織構造を断罪していきたいと思います。

 

そもそも私の場合「シングルファザーですので・・」と逃げ口実で断る事も出来たかもしれませんが、逆に今の時代シングルマザーも珍しくない為、理由として却下される可能性も充分にあるので腹を括りました。

学年の人数を計算しても6年間の間に一人一回は避けられないので、卒業制作で大変な6年生でなるのを避ける為、仕事も辞めたし丁度いいかとも思いました。

 

ただ、私はこのような慈善活動に対してものすごく嫌悪感いっぱいの孤高の哲学者気取りなので、単純に面倒くさいからやりたくないというのではなく、PTAという組織の存在そのものがクソすぎてぶっ潰してやりたい気持ちを普段から持ち続けているこの私を中に入れちゃってもいいんですね?後悔しても知りませんよ?クククク・・と言ってやるタイミングを狙っていたのですが、愛する我が子がお世話になってるし、子供に飛び火してきてもマズいし仕方ないか・・とあっさり巨悪の前にひれ伏すのでした。なんとも情けない屈辱・・!

 

第一回PTA役員会議の日、クソ真面目な私はしっかり出席します。

広報委員会と企画運営委員会とベルマーク委員会のどれに属するのかをまず決めます。

火炎地獄か針地獄か蟻地獄か選べと言われてるようなものです。

中ではマシな蟻地獄(ベルマーレ委員会)になりました。

なんでも売り物商品に小さく付いてるベルマークを切って集めて何千点だか何万点だか集めて学校に必要そうな備品を注文するのだとか。

ケチくせぇ~~!!!みみっちぃ~~!!

作業の手間考えたらプラマイゼロのように思えるのですが、なんせPTAは慈善事業なので働く保護者達は無給での奉仕活動なので人件費がかからないので学校が儲かる仕組みだからこんな事をやらせるんですね。本当にクソですね。

私はドケチを自負しておりますが、生まれてこのかたベルマークをハサミで切り取ったことは一度もないという事だけが誇りなんですよ!どケチのプライドとしてこれだけはやっちゃいけないという個人的ラインがベルマーク集めなんですよ!!

ホームレスでも泥の付いた食糧には手をつけないと決めてる人と同じです。

価値基準は様々ですからベルマークを切り貼りしてる人を蔑む気はありませんが、合理主義な私の中ではその労力から得られる報酬を試算すると、この切り貼り行為はナシなんですね。ケチの風上にも置けない愚行ですよ。まだやってませんけど。

 

早くに学校へ赴きPTAの会費の集金をしたり、市のお祭りの巡回パトロールをしたりと、一回一回はすぐに終わるものなんですが、俺タダで何やってんだろ?って思いますね。憎き組織の末端となって命令に準じて実直に動くこの俺よ!もう一人の俺よ笑うがいいさ、これが子を持つ親の姿なのだよ。子供の居場所を守る為ならつまらないプライドだって捨ててやるのさ。カッコ悪い蛍光色のパトロールベストだって装着して歩けるのさ。PTAの集会に男親が一人もいなくたって気にしないのさ。ぼっちでやり過ごす事には慣れているから大丈夫。このまま適当に不毛な活動に参加したりしなかったりして一年が過ぎるのを待つだけさ。

世の中には無駄で失くすべき古い仕来たりというものが数ありますが、中でもこのPTA活動はトップクラスに君臨する腐臭にまみれた即刻廃止すべき組織案件であり、会社の朝礼と同じくらい無粋で意味を成さない国民的ハラスメントである。