親権に離婚したい父親たちに告ぐ

結婚の現実を知りたい若者たちにも告ぐ

財産分与しない方法

これ以上俺から何を奪う

男性が離婚に際して頭を抱える最大の難問が財産分与という名の根こそぎ強奪悪法である。

問答無用で全てを折半するというのだから解りやすくも納得できない部分もあるのではないか。

だいたい婚姻中に稼いだ収入は折半というならば、逆に婚姻中の生活費も半々で出し合ってなければおかしいじゃないか。

男の収入の中から生活費を工面しておきながら男の預貯金は最終的に折半って絶対それ道理として違うでしょ!

 

専業主婦は減り、出産後も働く女性が半数を越えたものの、じゃあその妻の収入はしっかりと生活費に充てられているのか。

イマイチ不鮮明な家庭も多いのではないか。

女はちゃっかりしてるのでジャイアン理論で自分の稼ぎは自分の小遣いに使い、余りをへそくりに隠すか保険の掛け金にまわすかで、ろくに家族の生活費に貢献していないというケースが少なくないように思う。

Money

高収入女性が結婚しない理由

そもそも女性が結婚の条件に男性の収入を一番の重要項目に挙げる理由は贅沢に暮らしたいからというよりも、離婚した時の保険なのではないか。

この裏事実に気付いてない男性は多い気がする。

 

女性からしたら収入の低い男性と結婚したら、離婚時に何も貰えないどころか逆に支払うリスクも発生してしまうのだからそれは絶対に避けたいというのが本音だろう。

だから高収入の女性がヒモ夫を養うというケースは依然少ないままで、高収入女性は更に自分よりも高収入な男性でなければ独身を選ぶというわけだ。

なので女性は高収入である程に未婚率が高くなるのである。

男性がひがんでプライドが傷つくから高収入女子はモテないなんて嘘だ。

高収入女性に群がるハイエナ男はいっぱいいるが、あしらわれるのである。

収入と離婚率の相関性

逆に男性は高収入である程ほとんど既婚であるのは、女性がほっとかないというのもあるし、選び放題の立場であると最終的に選んで決めなければならないと思い込んでる節があるからだ。

そしてその時男性はアホなので離婚した時の事を一切想定していないのである。だから安易に結婚してしまう。

しかし故に金持ちの離婚率は低い。

妻もある程度生活に満足していれば夫に対して優しくもなるし、亭主関白でも我慢ができるし、安定した生活の維持を望む女性にとってはわざわざ離婚して自立したいとは思わなくなるからだろう。

とはいえ熟年離婚に関しては油断できないのは金持ちでも変わらない。

 

一方底辺貧困層の離婚率が高い理由は出産した女性にとっては親権を持って離婚した方が稼ぎの少ない夫と貧しい生活を強いられるよりも国の援助を受けて快適に暮らせるからだ。

愛情があれば別だが、日々の生臭い暮らしの中でソレは徐々に削がれていき、金銭的に余裕のない生活は心も蝕み、やがては自分を不安にさせる夫の甲斐性のなさに怒りを覚え、共同生命体である家族という呪縛から脱出しなければという強迫観念に追い詰められていく。

そんなふうにしてすっかり性格も顔つきも声色も悪い方へと変わったしまった妻に対して夫ができることは可能な限り妻の望む条件で離婚届にサインをする事だけだ。

 

例えそれが理不尽な悪法による到底のむ事の出来かねる条件であったとしても、男らしさとはそうゆうものだと間違った概念に支配され、子供を取られ、家を取られ、お金を取られて身包みはがされていいものだろうか?

財産を分与しない意志

財産分与の時効は二年なので、のらりくらりと理由を付けて支払期日を引き延ばしましょう。

そもそも財産分与なんてワードを知らない女性もいるので教えないようにしましょう。

財産になる物は離婚前に現金に換えて処分し、隠し預金に充てましょう。

調停裁判で話し合わなければならないというものではないので、絶対に司法を間に挟まずに話し合いでうまく譲歩して言いくるめましょう(例:こちらはコレを諦めるからそちらもソレを諦めろ等)。

預貯金は可能な限りおろしてギャンブルでスッた事にしちゃいましょう。

金を取られたらもう死ぬしかないと迫真の演技で身を守りましょう。

逆にこちら側から請求する姿勢を見せましょう。

家や車や保険など形ある物はある程度仕方ないと諦めても、心身すり減らして仕事で稼いだ血銭を奪われることのなきよう死守する構えを見せましょう。

財産分与?なにそれ美味しいの?と知らないフリして拒みましょう。

www.siesta-nightmare.com